サトル・アロマテラピー通信講座

Home > 通信講座 > サトル・アロマテラピー通信講座
募集中 初心者向け 中級者以上

 

Subtle Aromatherapy

パトリシア・デーヴィス氏が1982年に創設したロンドン・スクール・オブ・アロマテラピーでは、デーヴィス氏の著作”サトル・アロマテラピー“に基づいた施術を行うアロマテラピストを通信講座を通して養成するシステムをつくりました。1991年に“サトル・アロマテラピー”が出版され、20年の歳月が流れました。社会環境も変化して行く中、先駆けとなるような内容も多く記載されていますが、改訂や加筆の必要も多くなりアップデイトした内容になっています。

サトル・アロマテラピーの施術を効果的に行うために、エッセンシャルオイルと人間のエネルギー面と心理面を学び、実際に瞑想、チャクラワーク、ビジュアライゼーションなどのヒーリング用語を理解し、実践します。宗教色やエキセントリックな考えとは無縁の、実際の人間関係の改善や人生全般に役立つ視点と情報、テクニックが紹介されており、多くのヒーリング法と併用できる大変バランスのとれたメソッドです。

エッセンシャルオイルは化学成分があり、生物学上では植物の二次代謝物として多くの役割を担っています。香りは私たちの心に働きかけると同時に、種の繁殖にも重要な要因となっています。特定の植物には特定のエネルギーがあり、それを理解し自分やクライアントのために適切に使用する方法を学びます。約30種のオイルについて詳しく勉強しますが、他にもたくさんのエッセンシャルオイルについて触れ、使用法や特徴を紹介します。

エッセンシャルオイルを教材にしているのは、本当に良質のエッセンシャルオイルを知っていただきたいということと、効果やエネルギー、香りの差を学ぶためです。パトリシア・デーヴィス氏の愛用の精油も紹介します。

卒業生の多くは施術によるエネルギー的な動きを理解でき、安定感を取り戻し、エネルギーを強化することができたと感想を寄せてくれます。講座の期間だけでなく、卒業後も個別の相談にも応じますので、必要な際はメールで内容を送って下さい。また卒業した後も交流があり、意見を交換する機会があります。

4回の課題を提出し、修了課程を満たされた方にはロンドン・スクール・オブ・アロマテラピー・ジャパンよりサトル・アロマテラピー通信講座修了証が授与されます。課題の添削、指導はすべて日本校校長バーグ文子が担当します。

【内容】

  • サトル・アロマテラピーの基本的実践法
  • 禁忌と注意事項
  • バイブレーション・セラピーとは?(エネルギー理論)
  • エネルギーについて(オーラ、チャクラなど)
  • エネルギーワーク(エネルギーを知る、扱う、植物のエネルギーを知る)
  • チャクラワーク(自分のチャクラを観察する、人のチャクラをリーディングする
    アドバイス)
  • グラウンディングとセンタリング
  • セラピストとしてのスタンスと安定を保つためのガイドライン
  • 呼吸法、プラナヤマ
  • 浄化法、防御法
  • 各チャクラを活性化させるヨガ
  • インテンション、アファメーション、ビジュアライゼーション
  • エッセンシャルオイルを使ったメディテーション(瞑想)
  • サイキック・アタックとは?
  • クリスタルの併用
  • ダウジング
  • ヒーラー、セラピスト、プラクティショナーとしての役割
  • コンサルテーションの方法
  • 基本セッション5種類(チャクラバランス、ヒーリングセッション2種
    エネルギー・リーディング2種)
  • 各種エッセンシャルオイルのサトル・レベルの特性(約30種)
コースに含まれるもの
  • テキスト2冊(A4:前半と後半)
  • オーガニックエッセンシャルオイル12本(5ml、ジャスミンのみ2ml)高地ラヴェンダー(フランス:プロヴァンス産)、ローズマリー(チュニジア産)、ジュニパーベリー(クロアチア産)、アトラスシダー(モロッコ産)、ベルガモット(イタリア産)、ゼラニウム(エジプト産)、フランキンセンス(CO2抽出法、オマーン産)、ブラックスプルース(野生、カナダ産)、パチューリ(インド産)、ベティバー(インドネシア産)、イランイラン・コンプリート(マダガスカル産)、ジャスミン(1回目のエクストラクト,エジプト産)
  • メールでの質問の受付
  • ワークアサインメント(課題)4回:添削指導
  • 修了課題:添削指導
  • 修了証
受講期間 スケジュールとしては6ヶ月。最長で開始から1年間
受講費 ¥129,600(税込)
(教材費、認定考査料、修了証含む)
定員 20名
(定員以上になった時は修了者が出るまでお待ちいただきます)
開始 随時受付またさらに上を目指したい方のためには、通信講座の受講者のための3日間のワークショップに出席し、ケーススタディー10回分を提出され、十分な能力と安定性を認められた方にはサトル・アロマテラピー・プラクティショナーの認定証を授与いたします。(3日間ワークショップは必要に応じて開催:受講費、認定考査料は別途)