長島司先生の特別講座「沈香の香りの解明と三種の沈香の聞香体験」

募集中 初心者向け 中級者以上向け

 

長島司先生は、農学を専攻され、高砂香料で35年のキャリアを積まれ、フレグランスジャーナル社からの出版書やアロマトピアの寄稿で著名な先生です。アロマテラピーの範疇ではなかなか勉強できない詳細な抽出法やフレグランス業界の長い歴史に裏付けられた深い知識を教えていただきます。定員20名ですので、お早めにお申し込み下さい。

 

4月7日(日) 13:00〜15:00
「沈香の香りの解明と三種の沈香の聞香体験」

日本の伝統文化である香道、それに使われる沈香の香りは1980年代初め頃までは研究が進んでおらず、神秘の香りとされていました。私はそれにメスを入れて、シャム沈香の香り成分を研究し、世界で初めて4種類の香り成分の存在を解明し、それらがシャム沈香の香りの特徴成分であることを国際学会で報告しました。

このセミナーでは、その研究がどのようにしてそれらの成分を発見したのか、そしてどのような香り成分がシャム沈香の香りとして重要なのか、タニ沈香との成分の違いは、などについて解説します。

また、所蔵の三種の沈香(羅国、寸門多羅、真南蛮)の香りの聞香し、それぞれの香りの違いを体験していただきます。 成分を発見するパートでは、精油の分析に共通するGC-MSや化学構造を決定をするための分析機器などについて分かりやすく解説します。聞香体験は、手持ちの三種の沈香の聞き比べて、こちらは略式で香道体験を行っていただきます。

高砂コレクション・ギャラリーより

高砂コレクション・ギャラリーより

講師 長島 司 

 

明治大学大学院 農学研究科卒業

高砂香料工業株式会社にて、精油化学と製造技術、天然物化学の研究開発を行った後、海外事業のテクニカルコーディネーターとして、海外製造拠点の生産管理や製造技術の移転などを担当

定年退職後は、ハーブ&アロマ関連の執筆や講演活動を行っている

著書:

「ハーブティー その癒しのサイエンス」2010年、フレグランスジャーナル社

「ビジュアルガイド 精油の化学」2012年、フレグランスジャーナル社

雑誌aromatopia、JAMHA会報誌の連載記事や単発記事を多数執筆

講座名 長島司先生の特別講座「沈香の香りの解明と三種の沈香の聞香体験」
日程 4月7日(日)
時間 13:00〜15:00
受講料 7,560円(税込)