アロマテラピー香油&香水ブレンド講座

募集中 初心者向け プロ向け

 

天然精油と植物性基剤で様々な歴史上の有名なブレンドをつくりましょう!
計量の方法やアルコール濃度の調節など、アロマテラピーでは行なわない香水やコロンの作り方や計量のコツも学びます。
毎回プロジェクターを使って原料植物の勉強をして2つずつの作品を作ります。

<第1回> 2018年2月11日(日)10:00〜13:00
バレンタインデーのためのクレオパトラ香油と媚薬コロン
モロッコ産ローズとオマーン産フランキンセンスやその他の樹脂と共にスパイス類を加えたクレオパトラが使用していた媚薬香油と優しいオレンジフラワーと香木類を基調とした媚薬的効果があるエキゾティックなコロンを作ります。微量使用するフェロモン(オランダの香料会社の開発品ですでに多くの香水会社が使用しているもの。基本的に無臭)には種類があり、今回は効果を説明して3種の中から1つを加えます。


<第2回> 2018年3月7日(水)14:00〜17:00
ナポレオンコロンとジョゼフィーヌ香水
ナポレオンは1ヶ月に60本ローズマリーコロンを使用していたそうです。グラースで聞いたその裏話やブレンドに入っている素材などを学び、コロンを作成します。皇后ジョゼフィーヌはローズとダリアを好み、たくさんの花を自宅(マルメゾン)で育て楽しんだと言われています。また、ナポレオンはスペインからジャスミンの香料を贈ったと言われています。この2人の愛用した香りを精油のみでブレンドしてみましょう。


<第3回> 2018年4月11日(水)14:00〜17:00
カルメル修道会のメリセンガイスト(メリッサの精)とアンジェリカ水
どちらも中世ヨーロッパからの伝統的なブレンドです。これは基本的に水に入れて内用するものですが、今回はコロンとリニメントとして作成します。メリセンガイストは現在、クロスターフラウ社のものがドイツの薬局で売られていますが、もはや本物のメリッサが入っていませんが、今回は偽和なしのメリッサ精油で作ります。アンジェリカ水は天使の加護を受けるコロンです。元々は疫病を避けるためにイギリス王室からパンフレットが配られました。

講師 バーグ文子
ロンドン・スクール・オブ・アロマテラピー(LSA)日本校校長
英国IFA認定プリンシパル・テューター
英国IFA認定アロマテラピスト
英国ITEC認定講師
ロンドン・スクール・オブ・アロマテラピー卒業(with Honors)
テンプル大学心理学研究科卒業(with Honors)
講座名 アロマテラピー香油&香水ブレンド講座
日程 <第1回> 2018年2月11日(日)10:00〜13:00
<第2回> 2018年3月7日(水)14:00〜17:00
<第3回> 2018年4月11日(水)14:00〜17:00
受講料 各回 8,640円(材料費、税込)