稲葉智夫先生による調香ワークショップ 11月

募集中 初心者向け 中級者以上向け

 
※キャンセル待ち
 

精油を使用した香水を作るワークショップを企画しました。人気のある有名なブランドの製品を1から組み立てて行きます。各々の成分について学んだり、多くの種類をブレンドして行く珍しさ、アロマテラピーの通常の業務では知り得ない新しい観点から精油を見て行きます。
このセミナーでは天然精油だけでなく、合成香料も使われます。精油の中に含まれる単一成分や精油の中には決して見いだせない成分をブレンドに使います。単品の分子の香りを試す機会は貴重で、様々な名香がどのような分子によって構成されているかを確認しながらブレンドします。

調香についての学習と共にアロマテラピーのブレンドの方法との違う希釈の方法や香りの表現法などを勉強します。全て8.5mlのParfum(賦香率は約20%)を作成し持ち帰ります。コロンとして使用したい方は、希釈の方法も学び3%程にして使用することもできます。

 

2017年11月23日(木・祝)
ペンハリガンズ:マラバー  Penhaligon’s/Malabah

今回の稲葉先生のセミナーでは、英国のペンハリガンズの東インドのスパイスルートを巡る旅をイメージしたパルファムを組み立てます。
エキゾティックなブレンドの組み合わせと、その材料となる植物や香りについてを学んでみたい方は、是非ご参加ください!

<トップノート>
レモン、アールグレイティ、グリーンコリアンダー
<ミドルノート>
ジンジャー、ナツメグ、カルダモン、ローズ、イリスウッド
<ベースノート>
アンバー、ムスク、サンダルウッド

<稲葉先生からのメッセージ>
メンズなの? レディースなの? と思わず聞きたくなるこの香りは、
性別を問うこと自体がナンセンスだと言わんばかりにいろいろな香りが詰め込まれています。
「インドの風をイメージしたエキゾチックな香り」として発売されたこの香りは、
コリアンダーとジャスミンを軸に、軽やかなスパイシーフローラルウッディとしてまとめられ、2003年に発売されました。
ドライなようでドライではなく、スパイシー過ぎないバランス。
長く愛される製品となった理由を、調香を通じて感じていただけたらと思います。
ペンハリガンのオリジナルはオードトワレですが、セミナーでは20%のパルファムとして開催致します。

 

 

講師 稲葉智夫
香りのポータルサイト profice(プロフィーチェ)代表 フレグランス・ライター
「芳香植物は育てて覚える、ハーブとスパイスは食べて覚える」をモットーに、数多くの天然、合成、調合香料と向き合いながら、過去の名香、日々発売される新作香水など4,500種をレヴューしている、世界の香水に精通した香りの専門家。イタリアで開催されるフレグランスの展示会にも定期的に赴き、世界中のパフューマリーのオーナー、調香師の方々と情報交換をし、香水、香料、芳香植物、書籍等、常に新しい情報をproficeにて発信している。
日本調香技術普及協会会員。
講座名 調香ワークショップ11月
日程 2017年11月23日(木・祝) ※キャンセル待ち
時間 10:30~12:30
定員 12名
受講料 7,560円(税込) 材料費込み