長島司先生の特別講座

募集中 初心者向け 中級者以上向け nagashima昨年の秋に続き、この春も長島司先生お招きして3回シリーズで特別講座を企画しました。

農学を専攻され、高砂香料で35年のキャリアを積まれ、フレグランスジャーナル社からの出版書やアロマトピアの寄稿で著名な先生です。アロマテラピーの範疇ではなかなか勉強できない詳細な抽出法やフレグランス業界の長い歴史に裏付けられた深い知識を教えていただきます。定員20名ですので、お早めにお申し込み下さい。

 


4月1日(土) 14:00〜16:00
『単品香料を知り、花精油を組み立てる』

精油の化学はアロマの勉強には必須科目であり、成分名や化学構造を記憶したりすることで、知識を深めています。しかし、香りの化学は理解できても、それらが精油の香りでどのような役割をしているかがわかりません。
この講座では、精油の香りを構成する成分それぞれの香りを体験すること、そしてそれらを組み合わせてラベンダーやローズなどの香りのイミテーションを作る実習をしながら、それぞれの香り成分が精油の香りにどのように関わっているのかを体感していただきます。

*ラベンダー、ローズ、ジャスミンについて、香り成分が含まれている比率で単品香料をブレンドしながら、香りの成り立ちを学びます。それぞれのブレンドはお持ち帰りいただきます。

 


5月21日(日) 14:00〜16:00
『植物成分と抽出 〜植物から有効成分を効率よく抽出するために〜』

ハーブや樹木などの植物には多くの化学成分(ファイトケミカルズ)が含まれていて、ハーブティーやチンキにして、飲用やコスメ作りなどに活用しています。しかし、どの成分がどの溶剤に溶けるのかについては確かな情報が無く、一般情報や慣例に従って抽出操作が行われています。
この講座では、植物成分を水に溶けやすいもの(水溶性成分)とオイルに溶けやすいもの(脂溶性成分)に分けて、目的の成分を抽出するのにどのような溶媒を選択したらよいのかについて、植物成分の性質を含めて解説します。また、ハーブチンキから脂溶性成分と水溶性成分を分離抽出する方法を実習していただきます。

*ジャーマンカモミールのチンキから、水に溶けやすい成分とオイルに溶けやすい成分をそれぞれに分ける自習をします。水に溶けやすい成分はローションなど水性コスメに、オイルに溶けるほうは油性コスメに利用できます。

 


6月18日(日) 14:00〜16:00
『LLi抽出 〜植物の脂溶性成分を抽出するために〜』

植物の脂溶性成分を抽出するときに使われる方法として、オイルインフュージョンがありますが、抽出時間が長くなることと、抽出効率が低く、植物成分をしっかりと抽出できないという点があります。
この講座では、植物の脂溶性成分を簡単に、そして短時間で抽出する方法(LLi抽出)を解説します。こうして出来上がったLLiオイルは、スキンケア効果の高い有効成分を多く含み、石鹸やコスメなどに使うと、色彩や機能をプラスすることができます。

*あらかじめ用意したチンキを使って、LLi抽出の体験実習をしていただきます。抽出したものはお持ち帰りいただき、油性コスメや石鹸などにお使いいただけます。

講師 長島 司 

 

明治大学大学院 農学研究科卒業

高砂香料工業株式会社にて、精油化学と製造技術、天然物化学の研究開発を行った後、海外事業のテクニカルコーディネーターとして、海外製造拠点の生産管理や製造技術の移転などを担当

定年退職後は、ハーブ&アロマ関連の執筆や講演活動を行っている

著書:

「ハーブティー その癒しのサイエンス」2010年、フレグランスジャーナル社

「ビジュアルガイド 精油の化学」2012年、フレグランスジャーナル社

雑誌aromatopia、JAMHA会報誌の連載記事や単発記事を多数執筆

講座名 長島司先生の特別講座
日程 4月1日(土)

5月21日(日)

6月18日(日)

時間 14:00〜16:00
受講料  

受講料:全3回:21,600円(税込、3回受講の方が優先です)

1回:7,560円(税込)